ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

18年間の思い

こんばんは。

ずっと思い続けてた夢というか希望・願い、なんて言い表したらいいのかわからない
ですが、やっと一つ叶いました。


僕には一人、息子がいます。

その息子と二人でご飯を食べることができました。

思い起こせば、18年ぶりの夕食だったでしょうかねー。


自分の視力がどんどん低下してきた頃、それと共にいろいろなものも失われていきま
した。

書類の文字が見づらくなり、仕事もできなくなり、周りからの信頼もどんどん薄らぎ
、周囲の憐みや怒りを感じながらもどうしたらいいかわからず、苦悩な日々を過ごし
ていました。

そんな状況でも自分の目の状態・置かれている立場を妻へも話すことができず、結果
家族も失うことになってしまいました。

いろいろな状況を考え、息子の将来を妻に託し、涙を呑んで別れました。

視力を失うことより、息子との別れが一番辛かったのです。

そんな気持ちを引きずったまま盲学校へ入学。勿論、一学期は赤点だらけでしたね。

「死にたい」と何度思ったことでしょう。

中途で障碍をもった人はそういう思いを抱いた人は少なくないと思います。

そんな気持ちを思い止まらせたのは、息子の存在。それに親兄弟・自分を支えてくれ
た友人の存在がありました。


盲学校在学中に障碍者宮城国体があり、陸上選手として出場しました。

地元開催。凄いメディアの取り上げられ方。自分も活躍すれば取り上げられる。

「だったら、息子の目に耳に僕の存在が一方的ではあるけれども届くのでは?」とい
う考えが湧き上がってきたのです。

しかし、この大会での記録は60m音響走で3位。メディアに取り上げられることはあ
りませんでした。

翌年、高知国体でリベンジ。1位。

「地元に戻ったら取材が待っている」と浮かれて帰ってきました。

残念ながらどこからも無し。地元誌に名前と順位が載ったのみ。

宮城国体は地元開催、だから大々的にメディアに取り上げられてましたが、過ぎてし
まえば世間の関心は無くなっていました。

「どうしたらメディアに取り上げられる?」と考えた結果、もっとレベルの高いとこ
ろでの競技。

そう、日の丸を付け世界大会へ、そしてパラリンピックへ出場すれば…。

そんな思いから陸上にのめり込んでいきました。

自分から会いに行けないのなら、息子が会いに来るのを待つのみ。

もし会いに来てくれた時に、「僕は目が見えなくて何もできない」と不貞腐れ酒浸り
な姿を見せるより、自分が好きなことをして胸を張って生きている親父でいた方が息
子は嬉しいのでは…。

いつ会いに来てくれるかわかりませんでしたが、その一心で陸上を続けてきました。

少々の雨や雪でも練習してきました。-12℃の時も強風の時も。

伴走やパートナーには大分迷惑かけましたね。

自分の練習での辛さや体力的な疲れは終われば・寝れば回復します。

しかし、息子にさせた寂しさ・辛さに比べれば…。こんなこと…。

そんな思いでずっと頑張ってきましたが、未だパラへは出場できていません。


引退も頭を過ったことも何度かありましたが、パラへの思い、息子への気持ちは断ち
切ることはできませんでした。


そして3年前息子からの連絡。

15年半ぶりに再会。

僕の自宅で会いましたが、涙が出る程嬉しかったです。

ところが、「顔も薄らとしか覚えていない」と言われ、僕は倒れるかと思いましたよ

まー、別れたのが5歳。無理もないかもしれませんね…。

その後、何度か連絡を取り合いましたが、会ってはいませんでした。最初に飯に誘っ
た時は断られました。

最初に誘ってから2年以上になりますかねー。再度誘ってみました。

そして今週の日曜に実現。仙台パルコのイタリアンで食事しました。

正直、ドキドキでしたよ。平静を装っていましたけどね。

これまで直接親子の会話はなかったのですから、何を話したらいいのやら…。

最後に息子からの質問。

「お父さんは、なんでそこまで陸上できるの?」

躊躇いました。正直に答えていいものか…。本人が目の前にいるのですから。

「君がいたから…」とさっき書いたことを掻い摘んで話しました。

少し無言の後、「胸を張っている親父の方が…」と少し照れ臭そうに聞こえたのは僕
の勘違いかな。

でもその一言、嬉しかった。


やっと思いが叶いました。

僕は欲張りかもしれません。いっぱい夢や願がまだまだあるのです。

次なる目標に向かい、これからもがんばっていきます。

ヤッタねサムライジャパン

いや〜、ハラハラでしたね。サムライジャパン。

しかし、いい試合見せてくれましたよ。

あっつ、ごめんなさい。興奮の余り、挨拶忘れちゃいました。


改めて、こんばんは。

仙台育英出身の梅林選手が値千金の3ランホームラン。

繋ぐ意識がセンター超えホームランになったんですね。

西川選手もあの場面で盗塁。そして田村選手のサヨナラヒット。

いや〜、ハラハラな試合でしたね。


いずれにしても稲葉監督も初陣を勝利で飾ることができて良かったですね。

この調子で台湾戦にも勝って決勝へ。そして優勝してほしいです。

ガンバレー、サムライジャパン。

あー、楽しかった

f:id:satob1:20171031230845j:plain
f:id:satob1:20171031230854j:plain
f:id:satob1:20171031230901j:plain
こんばんは。またまた講演報告です。

今年の2月にも行きました大崎私立田尻小学校にまた今日も行ってきました。

同じ4学年だったのですが、年度が変わったので子供達も担任の先生も違います。

前回は16名で少なかったのですが、今年の4年生は30名でした。


自己紹介を簡単に済ませ、以前は目が見えていて皆さんと同じような生活をしていた
ことを話しました。

そして現在の目が見えなくなってからの生活についての話です。

いつもの通り、持参した白杖点字・音声機器を実際に見せ・触らせました。

やはり普段見たことがないだけに皆少し興奮していましたねー。

子供達は、予備知識があるのか点字に凄く興味あったようですが、見たことない音声
グッツには驚いていたようです。

点字が一番興味があるようなので、少し時間を割きました。

皆さんは、文字を書く時、髪や鉛筆を使って書きますが、点字の場合はそれに代わる
道具を使い、「書く」のではなく、「打つ」ということになります。

道具としては、下敷き代わりの点字板・点字専用の紙(点字用紙)・規則に沿って打
てる定規(点字定規)・打つ道具(点ぴつ)です。

一人一人にふりがなを振った点字をプレゼントしましたが、皆喜んでいたので僕も嬉
しかったですよ。


この後は、陸上の話です。目が見えなくても走ることも投げることもできることを話
しました。

今回も児童に手伝ってもらいました。

たまたま僕の友人の息子がいたので、今回は指名して手伝ってもらいましたよ。

SS君です。おや、僕とイニシャル同じだな〜。

お父さんと違い、シャイな感じでした。でもちゃんと僕の言うとおりやってくれまし
たよ。S君ありがとう。

全盲選手は、目隠しをしないといけないので、黒く塗ったサングラスを本当に見えな
いかチェックしてもらいました。

選手と伴走は、腕はお互い紐を持ちますが、足は繋がっていません。伴走は選手の腕
振りに合わせ、コースを誘導します。

蛇行してもコースからはみ出ないように誘導します。はみ出たら失格になるので。

前に引っ張ったり、遅れて妨げにならないようにしないといけません。

横から見ると、高速二人三脚のようにピタリとリズムを合わせて走ります。

教室での説明なので、今回は立ったまま腕振りだけ合わせてもらいました。

槍投げの話も少しだけしたのですが、実際に槍を持っていけないので、軽く話しまし
たが、走る方や伴走についてはかなり興味津々に見ていたようです。


担任の先生には、事前に子供達からの質問事項をいただいていました。

最後に、その質問に答え、追加でも質問を受けました。

質問内容について一部紹介しますね。

①目を見えないことで大変なことは何ですか。

②わたしたちにはどんなお手伝いができますか。

③今まで使ってきた道具で便利なものはどんなものですか。

点字はどうやって覚えるのですか。

点字ブロックがない道ではどうやって歩くのですか。

⑥食事はどうしているのですか。

⑦料理はするのですか。

⑧買い物はどうしているのですか。

⑨見てみたいものはありますか。

点字の他に読んだり書いたりするのに役に立つものはありますか。


今回も45分という時間なのに、10分以上オーバーしてしまい、先生ごめんなさい。

楽しくて、ついつい時間忘れちゃうんですよ。

ドラフト良かったね

こんばんは。

昨日・今日と暖かくていい一日でしたねー。

僕は、長袖シャツを腕まくりしてましたよ。

昨日、健康診断の為に仙台に行ってきたのですが、JKが半袖で歩いているってガイド
ヘルパーさんが教えてくれました。

確かに20℃近くまで上がってました。今朝は一桁の気温、温度差凄いですね。

そんなポカポカ陽気の仙台とは違い、東京の一部では熱くなっていましたね。


そう、プロ野球ファンなら誰しも気づきますよね。ドラフト会議でした。

我が楽天イーグルスも良い指名ができたかと思います。

楽天は、左打者が多いので、右の大砲慶応大の岩見君の交渉権を獲得できたのは良か
ったです。

それに、地元高校の西巻君の交渉権獲得も納得です。

早く成長してセカンドの藤田選手の後釜としてレギュラーになってもらいたいです。

ただ一つ不満なのが左の先発投手候補を指名しなかったのは、僕個人としては残念で
すね。

残念と言えば、松井稼頭男選手が退団するのが残念です。

他のチームに行っても頑張ってほしいです。そして、いずれは楽天のコーチや監督と
して帰ってきてもらいたいです。

楽天イーグルス、来年は優勝ですよ。頑張れー!

こんな時の僕の必須アイテム

f:id:satob1:20171022224044j:plain
f:id:satob1:20171022224052j:plain
こんばんは。

日本のほとんどが台風21号の影響を受けていますね。

宮城は風雨共にどんどん強くなってきていますが、これからが本番のようです。


木曜からずっと雨です。降ったり止んだりを繰り返してましたが、土曜の午前中は雨
も上がっており練習できました。

しかし、あちらこちらに水溜りが…。

白杖を路面を擦りながら歩いているのですが、白杖が水に入り気づいても間に合わず
靴が入ってしまうんですよ。

思わず「キャッポリした」と言葉が出てしまいます。

な〜んて、そうならないように、僕は雨の日や雨上がりの時は、こんな靴を履いてい
ます。

今日なんかもかなり重宝しましたよ。

ゴアテックスの素材を使った靴です。

アウトドアというかトレールラン用ですね。

各靴メーカーであるみたいですよ。

靴の他にもウィンドブレーカーの素材としても使われており、防水性は素より風も通
さず防寒性にも優れているようです。

各メーカーで出している中で、僕はアシックスの物を使用しています。

何故かというと、ゴツイ感じではなく、わりとスマートでカジュアルな服装でも違和
感なく履けるからです。

これだと悪天候でも臆することなく歩けますよ。

万が一靴のベロ(足の甲)部分まで水に浸かってもキャッポリの心配はありません。

流石に踝まで浸かってしまえば靴の中に水が入ってしまいますが…。

ベロ部分は、靴本体と一体になっており、折り返してある為に大丈夫なのです。

雨の日の僕の最強アイテムです。

視覚障害者の方、特に全盲の方、興味があったら靴屋さんで探してみてください。


宮城弁講座です!

キャッポリ=靴の中に水が入った様。

※ 宮城県内でもいろいろな言い方があるようです。場所によっては「カボジャリ」
という所もあるようです。


宮城弁に興味のある方、東北放送ラジオの「カラーズ」木曜(佐々木まなみさんパー
ソナリティー)を聞いてみてください。

今回は大人向け

f:id:satob1:20171016230438j:plain
f:id:satob1:20171016230447j:plain
f:id:satob1:20171016230458j:plain
いやー、興奮が落ち着きました。


ということで、改めてこんばんは。

今日も寒かったですな〜。

去年は秋が短くすぐ冬って感じでしたが、今年も去年を思い起こすような寒い日々で
すね。

明日の気温は、少し持ち直すみたいですが…。もう少し秋を満喫させてほしいもので
す。


さて、一昨日に講師した講習会を紹介します。

今回は、大人向けでした。

宮城県障がい者スポーツ協会主催の「宮城県初級障がい者スポーツ指導員養成講習会
」の講師をしてきました。

ここ十年近く講師させてもらっていますが、今回は男性12名、女性11名の計23名の
受講で、そのうち大学生が15名と、比較的若いメンバー構成となっていました。

最初は僕もですが、受講者の皆さんも緊張して硬くなっていました。

その緊張を緩める為に軽いジャブでダジャレというかギャグをしました。

反応が薄く、皆きょとんとして目が点になったのを感じちゃいましたよ。

こういうことを予想して、ある小道具を用意。

その小道具を見た瞬間、僕の目の前の少し右側の若い女子が大きな声で笑い、大ウケ
。僕に気を使ってくれたのかもしれませんが…。

そこから皆の肩の力が抜けたようで、リラックスした雰囲気になりました。

僕も一気にのってきましたよ。

その女子は、その後も反応良く盛り上げてくれました。助かった〜。

その小道具は内緒です。知りたい方は、どうぞ講師依頼してください。同じ小道具使
うかどうかわかりませんけどねー(笑)


だいたい、いつもそうなんですが、生い立ちから始まり、普通に生活してきた話をし
て、見えなくなってきたところから、全盲になるところまで話、その様子や心の葛藤
等を一気に話します。

見えなくなってからの日常生活の様子を便利な音声付のグッズや白杖点字等を紹介
しながら話しました。


さー、ここからが本番です。

盲学校に入学し、いろいろなスポーツと出会い、その中でも運命の出会い、「陸上競
技」の話に移りました。

短距離の説明をし、伴走について説明しましたが、その手伝いをさっき紹介した女子
が手伝ってくれました。

やはりポイントは腕振りですね。

さーって、この説明を踏まえ、受講者の皆さんには2人1組になってもらい全盲選手(
目隠し有)・伴走体験をしてもらいました。

サブアリーナで行ったのですが、そこを一周してもらったら今度は交代。

歩くのが精いっぱいの組。軽いジョグまでできた組、様々でした。

残念ながら個人情報の関係でその様子を撮影することができませんでした。

難しいというか過敏な世の中ですよね〜。


過敏といえば、少し前までは「障害者」と表していましたが、いつの間にやら「障が
い者」って書くようになったんですかねー。

僕個人としては、ひらがなにしたからどうってことないと思うんですが、そこに過敏
に反応するよりももっとすることある気がするのですが…。


すいません、脱線してしまいました。軌道修正します。


伴走体験が終わってから席へ戻ってもらい、今度は槍投げの説明。

本物の槍(約長さ2.7m)は持参できないので、中学生用のジャベリック(約0.6m)
を使い説明。

うっかりしてました。

今回カメラマンに以前紹介した女性伴走の潮実ちゃんに頼んでいましたが、槍のコー
ラー(補助者)約をしてもらった為に、その間の写真撮影を他の人にお願いするの忘
れてしまいました。

残念。


やっぱ人前で話すのが好きなんですかねー。今回も楽しくお話しできました。

皆さんの役にたったかどうからわかりませんが。僕は楽しく講師できました。


今回初級を受講された方々は、様々な職種や学校からの参加です。

それぞれの目標・思いを持って受講されたかと思いますが、障がい者にスポーツの面
白さ・楽しさを伝えてもらえればと思っております。

我々障がい者にとってこのような方々がいることはとてもありがたいことです。

そしてスポーツを通して社会参加が進めばと思います。


僕もこういうことに携われたことに嬉しさを感じ、感謝をしています。


今月末もう1回講師頼まれています。今度は小学校。

今度はどんな雰囲気の子供達かな〜。楽しみです。

ヤッター、ヤッター

やりましたよ、下克上。

CS初戦でボロ負けした楽天イーグルスが西部に2勝1敗でファイナルステージへ。

今年は、少し長くプロ野球を楽しめますよ。


則本投手、今度は福岡でガンバレ!


東北楽天ゴールデンイーグルスの監督・コーチ・選手や関係の皆さん、お疲れ様でした。

そして、ありがとう。


今夜はいっぱい祝杯あげてください。

リセットして福岡に乗り込み、日本シリーズへの切符をゲット。


フレーッ、フレーッ、イーグルス!!