ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

G上原投手お疲れさまでした

こんばんは。

巨人の上原浩治投手が一昨日引退会見しましたね。

彼のルーキーの年や、その後の数年はまだ僕の目は見えていたので、顔やピッチング
フォーム等も覚えてますね。

制球力も良かったですが、ストレートとスライダーのキレがめちゃくちゃ良かったで
すよね。

上原投手が先発すると安心して試合を見てられました。

後は、誰が先取点を挙げるのかなって思ってましたねー。


そんな上原投手も44才だったんですね。

ワールドシリーズでの胴上げ投手になったのも凄いですが、日米通算100勝・100ホー
ルド・100セーブなんて凄い偉業をを成し遂げましたね。

引退理由も潔いですね。

楽天イーグルスが仙台に来る前は巨人ファンでした。

今でもセリーグでのファンは巨人。

2013年のように、また楽天と巨人の日本シリーズが見たいですね。

そして、また楽天が日本一になってほしいな。

やっぱ地元を本拠地にしてるチームを応援しちゃいますよねー。


ちょいと話が反れましたが、上原投手、お疲れさまでした。

そしていずれは監督・コーチとして巨人に戻ってくださいね。


余談ですが、僕はもうちょっと現役続けます。

再開

f:id:satob1:20190514231916j:plain
こんばんは。

昨日久々に仙台大学に行ってきました。

陸上トラックの全面改修工事で去年の11/26以来行っていませんでした。

今月から使用可能になり、大学での練習再開ですね。

この間まで砲丸投げを教えてくれた洞君が卒業し、後任の学生と今回初めて練習しま
した。

陸上部投擲ブロックの松下翔君です。

彼は、専門が砲丸なので、かなり強力な助っ人になりますね。

基本中の基本は、洞君に教えてもらっていたので、今日はちゃんとそのホームが崩れ
ていないかをチェックしてもらい、次にステップアップです。

投げる前のウォーミングアップやサイドステップの動き等も教えてもらいました。

松下君の印象としては、ポイントを丁寧にわかりやすく教えてくれて好印象でした。


これからよろしくね。

皆さん楽しんでください

おはようございます。

明日は、いよいよ’仙台国際ハーフマラソン’です。

僕は出ませんが、知り合いが何人かエントリーしています。

皆さんが目標としているタイムをクリアして仙台を楽しんでもらいたいものです。

特に僕が応援しているのが、同じ全盲のKさんです。

僕より年下ですが、全盲ということでは先輩になりますね。

彼は、フルマラソンも経験があり、タイムはな・なんと3時間50分。

サブフォーとは凄いです。

ラソンをかじったことのある人だったら、このタイムの凄さは知っているかと思い
ます。

気が散ると迷惑と思い、直前の応援の連絡はやめておきました。

陰ながら応援したいと思います。

陰ながらなんてカッコつけましたが、実は、僕は昨日から東京にいるのです。

勿論練習の為ですよ。

東京から、Kさんと出場した皆さんが楽しんでゴールできるよう応援します。


サブフォー(sub+four)とは、市民ランナーがフルマラソンで、4時間を切るタイ
ムで走ることです。また、そのランナー本人を指します。

再会

f:id:satob1:20190505232231j:plain
こんばんは。

ある人から、5月2日に久々に連絡がきました。

それは、今年4月に転職して仙台に戻ってきたという連絡でした。

そのある人というのは、仙台大学(陸上部)の卒業生 阿部大地君です。

彼は、絶対に忘れてはいけない人の一人ですね。

思い起こせば7年前(2012年)に伴走を探し県内の大学に伴走ボランティア依頼して
いた頃の話です。

彼が「僕で良ければ伴走します」と連絡をくれたからです。

そこから、仙台大学陸上部との付き合いが始まりました。

彼が連絡くれなかったら、現在の後輩達にも繋がらなかったでしょう。

大地君とは同年の8月4日に初めて伴走してもらいました。

偶然にも昨日練習した岩沼市陸上競技場です。

その時の練習メニューは

SD30m*2本+60m*1本/150mTT*2本 でした。

その頃ちょうどケガ明けでMAX練習は久々だったので、本数を減らしたと僕の陸上
日記に書いてましたね。

そう、僕は陸上始めた頃(2003年)から陸上日記を付けてました。

迷った時、悩んだときに読み返してます。

でもほとんど読み返すことはないんですけどね。

書いている意味としては、「何を意識しどこに意識を持ったのか、意識したことが実
際どうだったのか」を書くことは、書くことにより頭に刷り込むことと、次回の練習
にどう繋げるかということを考えるからです。

やはり書くことは考えながら書くので、記憶に残りやすいからです。

また、ケガをしたのであれば、自分でどの程度の痛みがあってどのようにリハビリを
してどのくらいの期間で回復したことも日記から参考になるので、次のケガでの過ご
し方にもかなり役立ちました。


おーっと、ちょいと脱線してしまいました。

ちなみに、大地君の初めての伴走だったのに、150mは19秒前半と書いてましたね。

速かったと思います。

大地君は、その数か月後から後輩を数人入れて、伴走リーダーとして卒業間際の2014
年1月4日まで続けてくれました。

彼は、2013年の障碍者東京国体の伴走をし、僕に100m・200mで金メダルを取らせて
くれた人でもあります。


話を戻します。

大地君からの連絡で、今日の昼、仙台で5年ぶりに再会しました。

昼飯を食べたり、お茶して、お互いの近況を話しましたね。

男同士で4時間も一緒にいましたよ。

それでも話足りませんでしたけどね。

まー、お互い基本根は変わってないという印象でした。

僕が現役で陸上続けていたことは嬉しかったみたいです。

こうして、卒業後も会ってくれたことは凄く嬉しかったです。

一緒に練習し、大会にも出たことは、’同じ釜の飯を食べた仲間’のような気持ちで
す。

例えが古かったですかね。

大地君、今度はお酒でも飲みに行きましょうかねー。


過去に僕の伴走した他の人共会いたいですね。

仙台に来るようなことがあったら、連絡ほしいですね。

綺麗になりました

f:id:satob1:20190504212820j:plain
こんばんは。

今日やっと行ってきました。

岩沼市陸上競技場が昨年初夏より改修工事の為使えなかったのですが、先月にリニュ
ーアルオープンしたのです。

いつもは、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)で練習しているので
すが、使えない時にチョイチョイ岩沼に行ってました。

以前は、タータンが浮いている所や剥がれているところもあり、走りづらかったので
すが、タータンを全面張り替えしたり、フィールドも整備されたようです。

今日の練習相手は、仙台大学の塙君でした。

綺麗になったタータンを彼の伴走で走っている写真をアップしたかったのですが、残
念ながら撮影を頼める人がいなかったので、僕一人で写してもらいました。

先月とかも来る機械あったのですが、その日に限って暴風で電車が動かなかったり、
雨天で練習中止になったりとタイミング合わなかったんですよねー。

これからもチョイチョイ利用したいと思います。

岩沼陸上競技場で会った方、皆で楽しく練習しましょうね。

よろしくお願いします。

連日のサヨナラ負け

こんにちは。

令和早々連日の延長サヨナラ負け。

楽天イーグルスは何やってんですかねー。

僕は、ミヤギテレビ・BS朝日・フジテレビDoと継投リレーで応援してました。

打線は活発に好調でほとんどのゲームで5点以上取ってるのに。

まー、こんな愚痴言ってもしょうがないので、リセットして、明日から連勝と行きま
しょう。

今江選手も戻ってきて打線も更に厚みを増しましたしね。

今江選手お帰りなさい。

切り替えてまず明日勝ちましょう。

フレーッ、フレーッ、楽天イーグルス

平成も終わりですね。

こんばんは。

今日は朝から雨。

練習予定でしたが、雨では中止にするしかなかったですねー。

大人しく自宅で筋トレしてました。

平成最後のこの日をきちんと練習で閉めたかったのですがねー。


ということで、テレビ・ラジオ等いろんなところで、「平成最後」という言葉が聞こ
えてますね。

残すところ数時間で新元号’令和’になりますね。

今月に入り、平静を振り返っている人も多いかと思います。

自分も「何があったかなー」と振り返るといろんなことが…。

一言でいうと’波乱万丈’っていったところでしょうか。

平成に入り、高校卒業、そして就職。

平成6年に結婚し子供もでき普通の生活を送っていました。

8年までは’順風満帆’だった気がします。

9年頃から徐々に視力低下。

12年には盲学校入学するまでに視力を落とし、視力低下と比例するかのように夫婦仲
も冷えていき、その年に離婚…。

再起をかけ盲学校では、勉強やスポーツを一生懸命しました。

13年には、第1回全国障碍者スポーツ大会(宮城大会)が開催され、仙台市代表とし
陸上競技に出たのが、これまで続けてきた陸上競技のきっかけでした。

15年に学校卒業し、もっと競技がしたくて、知り合いの知り合いという感じで走りを
教えてもらえる人を紹介してもらい、走りの基礎を固めていきました。

17年に初めて日本代表として国際大会出場。

しかし、未だにパラへの出場は叶っていません。

目が見えなくなってきた頃は、谷底へ転がり落ちる気分でしたね。

弱視の頃は、自分の見えている物やいろんなものが信じられず、イライラしていた毎
日を送っていた気がします。

逆に、全盲になってからは「どうせ見えないんだ」と現実を受け入れられるようにな
り、落ち着きました。

今、こうやって協議を続けられているのも「これ以上の底はない」と思ったことと、
僕に関わった周りの人たちのおかげですね。

明日から’令和’という元号になるのですから、平成の経験を活かし、飛躍したいと
思います。

平静で溜めたフラストレーションを一気に爆発させるぞ。


そして、我が楽天イーグルスも令和の始まりに優勝してくださいね。

フレーッ、フレーッ、イーグルス

フレーッ、フレーッ、自分!