読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

講演活動について

私は、20才代半ばから視力が低下し30代に入った頃には光すらあまり感じなくなりました。当たり前だった日常生活が一つずつできなくなり、そして失われていきました。

いつも「何をしたらいいのか、どうしたらいいのか」そんなことばかり考え、でるのは溜息ばかり。

苦悩な日々を過ごし、自暴自棄になった時もありました。私なりに様々な紆余曲折がありましたが、盲学校への入学を決断し、そこで陸上競技と出会い、人生がガラリと変わりました。

もう10年以上前になりますが、とあることがきっかけで「そんな経験を話してくれませんか」と声をかけられ、学生の皆さんの前で私の経験や体験をお話しをする機会を頂きました。

私の経験を伝えることで、少しでも皆さんのお役に立てることがあれば、そして視覚障害に対してご理解いただければと思い、時間の許す範囲で講演や講義を続けさせてもらっています。

ちなみにこれまでの講演活動の実績については、下記のページをご覧ください。

blindman.hatenablog.jp

 

 

もし、講演や講義等のご希望がございましたら、以下のお問い合わせフォームよりご相談ください。

f:id:satob1:20170222224827j:plain

※上記お問合せボタンをクリックすると、お問い合わせフォームが新規ウィンドウで開きますので、必要事項を記載の上、送信してください。