ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

新たなる環境で

f:id:satob1:20170111000039j:plain
こんばんは。

皆さん、どんな正月でしたかねー?

まだ正月気分も抜けてない方もいるのでは?

僕は、毎年年末ギリギリまで練習し、新年も2日か3日には始動しています。

今年も例に漏れず3日から活動開始しましたよ。

軽いメニューでしたけど。

なので、TVやその他のメディア等で年末年始を実感する感じですかねー。

あまり正月だという気分にはなりませんね。

こういう生活を14年近くも続けているので。

毎年、new year駅伝や箱根駅伝に触発され始めてるわけでは…。


話はガラリと変わりますが、転職しました。

1月1日よりinVentiv Health Japan G.K.という会社にお世話になることになりました。

アスリート雇用という形でお世話になり、東京パラやその他世界選手権出場を目標というよりは、現実のものにできるよう思い切って環境を変えることにしました。


先週の金曜、東京本社にて侵入社員オリエンテーションが行われ、「転職したんだなー」という実感が沸いてきました。

僕の他にも3名が参加しましたよ。

それぞれ、競技・種目は別ですが、お互い切磋琢磨して各々の目標に向かって頑張っていきたいと思います。

オリエンテーションを行ってくれたHRビジネスパートナー マネージャー小川さんが僕の隣で写っていますが、この方もバレーボールやビーチバレーをずっとしていたらしく、なかなかのアスリートとおみうけしました。