ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

シーズン終了

f:id:satob1:20181104230055j:plain
f:id:satob1:20181104230103j:plain
f:id:satob1:20181104230107j:plain
こんばんは。

最近ずっといいお天気です。

日差しは優しく暖かかったですが、日陰に入るとやっぱ少し寒いくらいですね。

そんな中、今シーズン最後の試合に出てきました。


第9回 仙台大学競技会(仙台大学

晴れ、17℃、ほぼ無風。

砲丸投げ 5m79

練習では6m前後投げられていたのですが、やっぱ試合となると練習どおりにはでき
ませんでした。

まだフォームが身に着いていないようです。

練習ではできていた右足の蹴りというか踏ん張りが弱かったようだし、リードの左腕
の軌道もちょっと違っていたようです。

明日、ここの確認と修正をして、数日休んで、来シーズンに向けてのトレーニングに
入りたいと思います。

仙台大学関係の皆さん、今回もガイドでサポートしてくれた洞君、ありがとうござい
ました。


今年もご協力と応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

少しリフレッシュしてからまた練習頑張ります。