ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

あー、まつしまや松島や…

f:id:satob1:20170822174510j:plain
f:id:satob1:20170822174514j:plain
f:id:satob1:20170822174524j:plain
こんにちは。

先週木曜夜に旧友が遊びにきました。

その友達とは、時々メールで連絡を取り合っていたのですが、会うのは10年ぶりでし
た。

彼は、片腕がなく、2005・2006年に障碍者の陸上世界大会やアジア大会に日本代表と
して一緒に行った仲間です。それ以来の友達です。

僕はノーメダルでしたが、彼は2006年のIPCオランダ世界陸上選手権の400mリレーで
銀メダルを取りました。

彼とは年も10才くらい違い、障害も違いますが、気の合う仲間です。だから友達付き
合いが続いてるんですかねー。

彼は、桂川君と言い、岐阜在住です。陸上は2006年で引退しましたが、今は趣味でロ
ードバイク(自転車)に乗っているみたいです。

片腕なのに自分でメンテナンスしたり、部品交換もしているそうです。いろんな道具
を使い、工夫しながら片手や足を巧みに使って作業しているようです。

健常者の頃は、元々バイクの修理工場で働いていたらしく、「その時のノウハウや技
術が役立っているんですよ〜」とオヤをほおばりながら笑って話していました。

そう、桂川君は、「せっかく仙台に来たんだから、新鮮な海産物が食べた〜い」とリ
エストしたので、本塩竃駅(仙石線)の近くの亀喜(カメキ)寿司に連れて行きま
した。

まずは、生ビールで乾杯!

まー、お寿司は最後に食べるとして、お刺身の盛り合わせ、あと何にしようかねーと
思案していたところ

「この時期のものが食べたい」って言われたので、ホヤを薦めてみました。

たぶん、一口食べて「俺駄目っス」って言われるんだろうなーと思っていたら以外や
意外。「うまい」とご満悦でした。

義父の人間がホヤをうまいと言うとはちょいとビックリでした。

あまりにも気に入ったので、翌日うちの近所のスーパーで剥き身のホヤを2つ買って
帰りました。ご心配なく。ちゃんと保冷剤を入れた保冷バックに入れて帰りましたよ

ちなみに、桂川君の奥さんは、「無理」と言って食べてくれなかったそうです。

出てきた料理はどれも美味しく、桂川君もご満悦だったのですが、あまりにも食べる
ことに夢中になり、写真を撮るのを忘れてました。ご紹介できなくてごめんなさい。


その夜は、うちに泊まり、午前2時近くまで楽しく家飲みしました。

思い出話やお互いの近況等を話盛り上がりましたよ。


翌日は、僕も仕事休みだったので、松島観光に行きましたよ。

まずは、仙台で牛タンランチ。

とかく宮城に住んでいる人は、牛タンを常に食べていると思われがちですが、そんな
にしょっちゅう食べませんよ。焼肉に行った時に一皿頼む感じですかね。

ましてやランチに牛タンはあまり選択肢に入ってきませんね。

他県から来たお客さんと食べる程度ですね。今年は先月に山本君と食べて以来という
ことで、たまたま続いている感じです。

でも、牛タン、やっぱおいしいですねー。


帰りの新幹線の時間の都合もあったので、松島遊覧船に乗り、少し買い物をした程度
だったので、瑞巌寺には寄れませんでしたが、愛妻家の桂川君は、お土産にこけし
箸置きを買っていきましたよ。なんでも奥さん箸置きマニアなんだそうです。

瑞巌寺は、また次に来た時の楽しみですね。


こんな機械でもないと、地元の人が遊覧船に乗るなんてことないので、俺も楽しく船
に乗りました。曇り空でしたが、潮風気持ち良かったなー。


仙台に戻り、桂川君とお土産を見て回り、疲れたので、ずんだシェイクを飲みました

僕、ずんだシェイク初めてだったんですよ。甘くてなかなかうまいもんですな〜。


桂川君、今度は僕が義父に行きます。俺のリクエストは飛騨牛ですよ。