ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

いろいろあったけど…

f:id:satob1:20181231213629j:plain
こんばんは。

今年も残すところ2時間余り。

今日はのんびり過ごしたかったけど、細々としたことがあるもんですね。

それでも早めにお風呂も入り、夕飯も早めに済ませられました。

今年も最後はお寿司。

田尻にある大杉寿司さんから買ったお寿司を食べました。

今年はちゃんと写真ありますよ。

ただ、うまく写ってますかねー?

なんせ僕が「こんな感じかな〜」という感じで適当に撮影したもんだから、被写体を
真ん中に写してるか心配です。

写真がいまいちでもお寿司は最高でしたよ。

大杉寿司さんのネタは大きく分厚いんですよ。

新鮮なのは勿論、食べごたえもありうまかった〜。


昨年は、スパーリングワイン飲んで年越しそばがお腹に入らず食べれませんでしたけ
ど、今年は食べますよ。

もうちょっとしたら食べようかなー。


今年を振り返ると、いろいろありました。

毎年何がしらあるんですが、ここ数年良いことを思い出せません。

今年は、2月に2020東京パラの開催種目が発表され、全盲槍投げ競技が無くなって
しまいました。

頭の切り替えができるか心配でしたが、そんなことも言ってられず、砲丸投げに転向
しました。

パワー・体重を増やす為に筋トレ頑張っていたら、3月に右肩の大けが。

今シーズンは痛みとの戦いながらもなんとか競技には出ていました。

あまりいい結果とは言えませんでしたけどね。

しかし、いいことも。

学生やその他にも新しい出会いもありました。

人生においては、大きな財産ですね。


来年もいっぱいいろんな人と出会い、楽しい日が一日でも多くありますように。


皆さんも良い歳をお迎えください。