ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

ドネシア…が頭から

こんばんは。

今日は、温かい一日でした。

ここ大崎もこの時期にしては15℃まで上がるなんておかしな天気ですよ。

深夜には音を立てて雨が降り、15時頃も「ザーッ」と通り雨みたいなのが降ったし。

この時期だったら雪のはずなのに…。


そんな冬をかんじさせないような気候の中、もっと熱くなってた場所がありましたね


M-1グランプリ2018が12/2に開催されましたね。

優勝は、「霜降り明星」でした。

僕個人としては、霜降り明星や和牛も面白かったのですが、ジャルジャルが一番ウケ
ました。

なぜ、二日経った今日に投稿したのかというと、頭から「ドネシア ドネシア…」、
「ゼンチン ゼンチン…」が離れなかったからです。

よくもま〜「国分けゲーム」等と架空の子供遊びを考えつくもんだと感心してました

しかし、2人の息が合わないと面白くなさそうでしたけど、ジャルジャルの2人の息は
ピッタリでテンポも良く笑ってしまいました。

僕が一番笑えたのはジャルジャルでしたが、好みの問題もあると思いますね。

ミキの「お兄ちゃんの履歴書ジャニーズに送った…」のネタも面白かったですが、僕
としてはジャルジャルにはかないませんでした。


年末もお笑い番組が目白押しでしょうから楽しみです。