ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

らづもねー

こんばんは。

金曜から今日まで東京に行ってました。

勿論練習にですよ。

僕がいないうちに宮城は雨が降ってたみたいですが、東京は猛暑日でした。

「らづもねぐあづがった」です。

土曜の夜なんか21時でもまだ30℃ありましたからねー。

土曜は、19時からA.F.T.C.の練習に行ってきました。

9/1・/2に開催される日本パラに出場するんですが、伴走(ガイド)と打ち合わせを
兼ねて練習してきました。

暑くて「がおった」。

よっぽど「がおった」んでしょうね。

ホテルのベットでは、久々に寝落ちしてしまいました。

今日も外を歩くだけで暑くて疲れましたよ。

室内でのトレーニングでしたが、移動や駅のホームは湿度も高くそれだけで疲れまし
たねー。

帰りの新幹線ではほとんど寝てましたねー。

仙台で在来線に乗り換えたのですが、雨降ってるじゃあ〜りませんか。

雨具の用意してなかったので、駅から自宅までは濡れて帰りましたよ。

気温も高いこともあり、雨も温い感じでした。

風邪ひかないといいな。


※ 「らづもねーあづがった」とは、「凄く暑かった」という意味です。

また、「がおった(がおる)」とは「疲れた(疲れる)」という意味です。

宮城弁講座でした(笑)