ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

ヤッタねサムライジャパン

いや〜、ハラハラでしたね。サムライジャパン。

しかし、いい試合見せてくれましたよ。

あっつ、ごめんなさい。興奮の余り、挨拶忘れちゃいました。


改めて、こんばんは。

仙台育英出身の梅林選手が値千金の3ランホームラン。

繋ぐ意識がセンター超えホームランになったんですね。

西川選手もあの場面で盗塁。そして田村選手のサヨナラヒット。

いや〜、ハラハラな試合でしたね。


いずれにしても稲葉監督も初陣を勝利で飾ることができて良かったですね。

この調子で台湾戦にも勝って決勝へ。そして優勝してほしいです。

ガンバレー、サムライジャパン。