ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

複雑な気持ち…

f:id:satob1:20180906225302j:plain
f:id:satob1:20180906225309j:plain
こんばんは。

ここ大崎は晴れて30℃近くまで気温は上がりましたが、湿度も低く、暑いことは暑か
ったですが、これまでの暑さとは違った一日でした。

秋を少し感じますね。


先週末高松に行ってきました。

四国は2度目ですが、香川は初めてだったんですよ。

うどんを食べに… と言いたいところですが、今年日本で開催される最後の障碍者
陸上大会に出場する為にです。

第29回 日本パラ陸上競技選手権大会

香川県高松市屋島競技場(屋島レクザムフィールド)

9/1(大会1日目)

砲丸投げ(F11) 6m01 PB

9/2(大会2日目) 100m(T11) タイムは秘密

砲丸では、事故ベストを出しましたが、まだまだ駄目な記録ですね。

せめて10mは投げないと世界の舞台には上がれませんね。

砲丸を触り4ヶ月も経っていないこととケガが完治していないことを考えるとこんな
ものでしょうかねー。

筋トレもまともにできていないのですから…。

とまー、言い訳ですな。

体重を増やしていたら、走れなくなっちゃいました。

とても恥ずかしいタイムだったので、今回は勘弁してください。ごめんなさい。


砲丸は自己新記録を更新できたことは良かったですが、手放しでは喜べなかったんで
すよねー。

立ち投げでも8m以上は投げないと駄目だと思っているからだと思うんですが。

それに、100mでももうちょっと走れてるかと思っていたので、タイムが出ず複雑で
す。


結果の中で、F11と書きましたが、Fはフィールド種目という意味です。トラック種
目はTになりますね。

Fの次の数字の11は全盲クラスという意味になります。

障害の種別や程度で障害クラスが決まります。クラスは、IPC規則のクラス分けに
より分けられるものです。

詳しくは、JPCのホームページに記載されているかと思いますので、興味のある方
は、是非ご覧ください。