ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

ご冥福をお祈りします

おはようございます。

今年も終戦記念日がやって参りました。

戦死された方やご家族に対し、ご冥福をお祈りいたします。

実際に戦争体験はしたことはありませんが、二度と戦争はしてほしくはありませんね

しかし、隣国との状況からすると可能性は0とは言えないような気がします。

政治的な和平交渉で解決を望みますが…。


ところで、大分前になりますが、この辺では成人式は1月ではなく、今日の終戦記念
日に行われていました。

東北は、雪が多く式典を行うには大変で、しかも正月に帰省してすぐまた帰省すると
いうことは遠くに就職した人にとっては大変ということで、夏の成人式をしていたよ
うです。お盆の帰省に合わせていたようですね。

最近は、積雪も少なくなってきているということと、やはり着物で出席したいという
こともあるのでしょう、宮城のほとんどの市町村は1月の成人の日に行っていますね

僕の時は、今日でした。

実は、某TV放送局のニュース番組のインタビューを受けたのです。

昼と夕方のニュースで全国放送されました。

「今日の終戦記念日に成人式が行われることについてどう思いますか?」という内容
のインタビューだったと思います。

確か、「自分がその頃に成人を迎えていたら徴兵されていたと思います。今日成人を
迎えるにあたり、考え深い物があります…」というような話をした気がします。

東京と大阪の叔父さんから「見たぞ」と電話がきましたねー。ちょいと恥ずかしかっ
たです。

これが、僕のTV初出演です。