ブラインドアスリート佐藤誠喜

20代半、突然発症した原因不明の病気によって、私は光を失い盲目となりました。 今は槍投げのアスリートとして、2020年東京パラリンピックに向けて頑張っています!!

撃沈

f:id:satob1:20170704211239j:plain
こんばんは。ついに梅雨らしくなりました。

昨日から降ったり止んだりを繰り返し、時より雨脚が強くなっています。

じめじめで嫌ですが、梅雨明けはまだまだ先ですねー。


さて、こんな梅雨空の中、試合に出てきました。

いつも前日は軽く練習してから試合に臨みます。

ラッキーなことに、昼から雨が上がり、タータンも乾いたんですよ。夕方から降り始
めましたけどね。

練習と言っても、いつもの練習のアップで100m流しまでです。

その練習風景の写真を載せてみました。残念ながら試合の槍投げの様子は撮影するこ
とができませんでした。


7/1(土) 第22回 関東パラ陸上競技選手権大会(町田市陸上競技場)

槍投げ(F11) 16m07 (1位)

「やっちまった〜」、げ・き・ち〜んって感じです。

もう穴があったら入りたい気分でした。

1位と言っても今回はエントリー一人だけだったんです。

今回は、いろんな意味で悪いところが全部出てしまった感じですね。

終わった後は何がいけなかったのか、駄目だったのか思いつきませんでしたが、時間
が経つにつれ一つは思い当りました。


今日の練習で検証したところ、自分が思ったとおり、投げる瞬間槍先が右を向いてい
ていました。

それと、投げる動作の中で槍が身体から離れた軌道(肘が下がっている)で投げてい
たことです。

細かくはもっといっぱいあるのですが、大きくはこの2つですね。

この二日間、自分の不甲斐無さ・情けないというか悔しさというか…。ガッカリして
ました。

しかし、立ち止まってばかりはいられません。

今日の練習で一つ掴めた気もしたので、またコツコツと頑張ります。


シーモさんの歌で好きな曲があります。

「continue」です。

負けたら終わりじゃなくて、止めたら終わりなんだよね♪

どんな夢でも叶える魔法、それは続けること…♪


僕は、目標まで何度でもcontinueします!